寿司のマナー

おさえておきたい3か条

事前予約で会食相手の好みや予算を伝える

酒とつまみを楽しみ、〆に握りを注文

醤油はシャリではなくネタにつける

寿司の基本

Basic

不慣れなカウンターの高級寿司店では緊張してしまいがち。 とはいえ、慣れてしまえばそれほど特別な作法はありません。 周囲への心配りを忘れずにいれば、快く一流の味を愉しむことができます。

  • 寿司

    寿司

    高級寿司店ではその日に仕入れる食材が異なるため、メニュー表を置いていないお店が多い。旬のネタを味わいたいのであれば「おまかせ」にすると良いでしょう。また、寿司店は鮮魚を扱っているため、回転率が重要です。良い客になるためにも長居は無用。2時間程度で切り上げましょう。

寿司店の作法

Manners

限られたカウンター席は常連客で埋まっている場合が多く、 何気ないその行動がお店の雰囲気を壊し、周囲を不快にさせてしまいます。 他のお客も気分よく過ごせるために知っておくべきことをお教えします。

寿司店でのふるまい方

  • 予約は必須

    予約をしておく

    寿司店のカウンターは数に限りがあるので、事前に予約をしておましょう。その際に予算や会食相手の苦手な食材を伝えておくと良いでしょう

  • 香水はつけていかない

    香水はつけていかない

    寿司店に限ったことではありませんが、香水などは控えるのが常識。食事は五感で楽しむもの。香水の香りが食事の邪魔にならないようにしましょう

  • たばこは極力吸わない

    たばこは極力吸わない

    香水の他にも、喫煙は控えたいところ。禁煙でないお店でも、カウンターでタバコを吸うのは避けましょう

粋に見える注文の仕方

  • 酒とつまみから注文する

    酒とつまみから注文する

    最初に酒とつまみをオーダーします。ビールや冷酒などのアテとして当日のおすすめを聞き、「お好み」で注文しましょう

  • にぎりは〆で。”おまかせ”が無難

    にぎりは〆で。”おまかせ”が無難

    つまみがひと段落したら、予約しておいた「おまかせ」の握り寿司を注文します。寿司は鮮度が一番、出されたら素早く頂きましょう

  • 選ぶなら白身など淡白なものから

    選ぶなら白身など淡白なものから

    白身などの淡白なものからはじめ、赤身や貝類の濃いもの、干瓢巻きなどの甘いものの順が良しとされています。ですが、好きなものから注文しても構わないそうです

寿司の食べ方

  • 醤油はネタにつける

    醤油はネタにつける

    醤油はシャリではなくネタにつけます。まず手や箸で握り寿司をつかんだら、真横にしてネタ側に醤油をつけましょう

  • 軍艦は醤油をつけたガリで

    軍艦は醤油をつけたガリで

    軍艦巻きの場合、逆さにすると中身が落ちてしまいます。添えられているガリに醤油をつけて、ネタの上に少し垂らすと良いでしょう

  • 手でも箸でもOK

    手でも箸でもOK

    基本的には手で食べるのが良しとされていますが、箸を使ってもマナー違反ではありません。ただし、ガリは必ず箸で頂きましょう

寿司の食べ方NG

  • 箸で切ったり噛みちぎる 箸で切ったり噛みちぎる

    握り寿司は一貫を一口で食べるのが基本です。一口で食べないとシャリが崩れてしまったり、鮮度が落ちて乾燥してしまうからです

  • シャリに醤油をつける シャリに醤油をつける

    シャリに醤油をつけると米粒が落ちやすくなってしまいます。米粒が混ざった醤油の小皿は見た目も良くないので、シャリにつけるのは避けましょう

  • 箸を取り皿やゲタに置く 箸を取り皿やゲタに置く

    寿司下駄や取り皿に箸を置くのは無作法。箸置きがない場合は醤油皿や取り皿へ。ただし、のせるのは箸の先端部分のみにしましょう

ここで差がつく寿司のマナー

相手は寿司のプロ。中途半端な知識をひけらかすのは避けたいところ。 その代表的なのが「おあいそ」「むらさき」などの寿司用語です。 あくまで店が使う言葉なので恥をかかないように注意しましょう。

  • ワンランクUPマナー

    予約時に予算を伝えておく

    予約時に予算を伝えておく

    メニューがないと気になるのは金額。その場で聞くのはマナー違反ではありませんが、あまりスマートとも言えません。予約時に握り寿司の予算を伝えておけばそれに合わせて握ってくれます

  • 実はマナー違反

    会計のときに「おあいそ」と言う

    会計のときに「おあいそ」と言う

    寿司店ではお会計のことを「おあいそ」と言います。ただし、これは「愛想がなくて申し訳ありません」という意味で店側が言う言葉。「お勘定をお願いします」とお願いするのがベターです