店選びの極意

おさえておきたい3か条

ゲストに関する事前の情報収集が大切

前もってお店をチェックしておく

お店の方を味方につける

店選びの基本

Basic

同じ空間で食事をすると、相手との距離をぐっと縮められます。 だからこそお店選びはとても重要です。大事なのは先方の好みを重視してお店を選ぶこと。 なにより先方に喜んでもらうことを優先して考えましょう。

  • 相手の好みを徹底リサーチする

    会食におけるお店選びのポイントは、いかに相手の好みを聞き出すかにかかっています。相手が重役ならば社員や秘書に確認するのもいいでしょう。先方の食やお酒の好みをしっかりリサーチしておくことが重要です。

    リサーチリスト

    • 好きな料理のジャンルについて
    • 好きな食べ物について
    • 苦手な食べ物やアレルギーはあるか
    • お酒が飲めるかどうか
    • 好きなお酒の種類はなにか
    • 普段通っているお店の傾向
  • 事前に調査をする

    候補店には自ら足を運んで、実際に利用してみましょう。料理や接客、店の雰囲気は、自分の目で確かめ、経験してみないと本当のところはわかりません。ランチでなら手頃にリサーチもできるのでおすすめです。

    店のチェックポイント

    • 先方の会社や自宅から遠くないか
    • 閉店時間は早すぎないか 
    • サービスに定評のある店か
    • 個室の有無
    • 騒がしくないか
    • ゲストが好きなお酒の種類は豊富か
    • サービスマンの動きは良いか
    • お手洗いは清潔か
  • お店が決まったらすべきこと

    お店が決定したらお店を予約し、先方に案内状を送ります。前日は再度先方とお店の両方に確認の電話を入れておきましょう。当日は余裕を持って到着し、先方を待ちます。帰りのタクシーやお土産の手配もお忘れなく。

    接待までの流れ

    • 先方にお誘いをかける
    • お店の予約をする
    • 案内状のメールを送る
    • ~1日前
    • ゲストとお店に再度連絡をする
    • 手土産を用意する
    • 当日
    • 30分前に到着しておく
    • 翌日
    • 午前中のうちにお礼のメールを送る

ここで差がつく店選びのマナー

お店が決まったら、店側と事前に打ち合わせをしておきましょう。 先方の好みなどをしっかりと伝え、お店にも会食の協力を仰いておくと当日スムーズに事が運びます。 より細やかなサービスをしてくれるかもしれません。

  • ワンランクUPマナー

    店側と事前に綿密な打ち合わせをする

    お店の方を味方につけておきましょう。立てるべき相手を喜ばせるためのサービスをしてくれるなど、会食のサポートをしてくれます

  • 実はマナー違反

    自分の顔が利く行きつけのお店を選ぶ

    お店は“先方が行きたいお店”であることが重要です。「流行しているから」「自分の行きつけだから」という理由で選ばないよう心がけましょう