一流の料理人でありながら、芸事にも造詣の深い粋人。山岸氏の遊び心あふれる懐石

玄関をくぐると茶室の露地をイメージした石畳が出迎えてくれる、築130年という古い長屋を改装した懐石料理店。懐石では珍しい寿司を盛り込むなど、寿司屋や京都中央市場で修行をしたという経歴が随所にきらりと光っています。伝統を踏襲しつつも、懐石を限られた人のものにしないという氏の姿勢は、和やかな人柄とも相まってファンも多く、年配の美食家から若いカップルまでという客層の幅広さが、その人気を証明しています。

これだけは食べておきたいベスト3

  • 懐石料理には珍しい『寿司』はすし職人だった店主のこだわり)

    すし職人として料理人の道を歩み始めた店主。懐石料理では珍しい寿司をコースに取り入れ、美食家たちに面白がられています。もちろん、これも日替わり。写真は『車エビ・ウニ・鮪わた・〆鯖』。

  • その日の最高の海の幸と山の幸を取り合わせた『杉八寸』

    懐石料理の先陣を切るのが『杉八寸』。その日に仕入れられた最高の海の幸と山の幸、その両方を1種類ずつ取り合わせたものです。つまり、日によって内容は変わります。写真は『鮎・白うり鯛昆布じめいこみ』。

    一級品のコンブとカツオを使い井戸水で優しく仕上げた『椀』

    だしは日本料理の命。そこに手を抜くことは料理人として許されません。当然、コンブとカツオは一級品を使い、店に湧く井戸水を使った優しく澄んだ『椀』に仕上げられます。写真は『鱧・冬瓜・とろろ』。

メニューをもっと見る

店舗情報

  • 店名
    富小路やま岸
  • 電話番号

    050-5263-7655

    075-708-7865

  • 最寄駅
    阪急京都線 河原町駅 徒歩13分
    地下鉄烏丸線 四条駅 徒歩15分
  • アクセス

    河原町駅より四条通りを烏丸方面へ。冨小路通を右折し北上して蛸薬師通と六角通の間の左手。

  • 住所

    京都府京都市中京区冨小路通六角下る骨屋之町560

  • 営業時間
    【月・水~日・祝前】
    ディナー 18:00~23:00 (L.O.21:00)
  • 定休日
    火曜日
    第2・4水曜日
  • 平均予算

    【ディナー】
    20,000円

  • クレジットカード
    JCB, ダイナース, AMEX
  • 店舗の特徴

    クレジットカード利用可

    日本酒充実

    カウンター席あり

    全面禁煙

  • 予約カレンダー

    • 2017

      12

    • 26

      27

      28

      29

      30

      1

      2

    • 3

      4

      5

      6

      7

      8

      9

    • 10

      11

      12

      13

      14×

      15×

      16×

    • 17×

      18×

      19×

      20×

      21×

      22×

      23×

    • 24×

      25×

      26×

      27×

      28×

      29×

      30×

    • 31×

      1

      2

      3

      4

      5

      6

    • 2018

      01

    • 31

      1×

      2×

      3×

      4×

      5×

      6×

    • 7×

      8×

      9×

      10×

      11×

      12×

      13×

    • 14×

      15×

      16×

      17×

      18×

      19×

      20×

    • 21×

      22×

      23×

      24×

      25×

      26×

      27×

    • 28×

      29×

      30×

      31×

      1

      2

      3

    空席あり 残りわずか ×受付終了
  • アクセス

    京都府京都市中京区冨小路通六角下る骨屋之町560

    拡大表示